女性特有のがん保険を知る

突然、ガンという想像もつかないような病気になったとしたら、あなたは果たして対処できるでしょうか?

身近にガン、生活習慣病などご病気になった方がいらっしゃればイメージもできますが、実際いらっしゃるとそれは大変なことです。

このサイトは女性特有のがん保険について分かるようになっています。
保険のみならず病気についても知ることが出来ます。

自分のため、家族のために備えてみませんか?

病気を知る

女性特有のがん保険

がんとは細胞の一部ががん細胞へと変化突然変異をし、無秩序に増殖し、まわりの正常な組織に侵入したり、血管やリンパ管を通って体のいたるところに定着、増殖する病気のことです。
遺伝子も関係しています。その遺伝子が傷つくことで発生します。この遺伝子を傷つけて、突然変異を起こさせるのが「発がん性物質」です。

上皮内新生物とは
初期段階のがんで、がんが粘膜の一番上の上皮内にとどまっていて、粘膜の一番下を構成している規底膜がまだ破壊されていない状態をいいます。
子宮ガンなどで最もよく発見され、上皮内新生物の段階までは無症状であることが多く、手術やレーザー治療を受ければ、ほとんどの場合、完治します。上皮内新生物の場合、がん(悪性新生物)と保障内容が異なりますので、注意が必要です

医療技術の進歩と早期予防

医療技術の進歩により、「がん」は2人に1人は治る時代になっています。 がんに関する研究は関係諸機関が一体となって力を入れており、毎年、「日本癌学会」などで研究報告が行われています。
また、早期発見・早期治療や、最新医療技術の提供等によって、部位にもよりますが、がん患者の完全治療率は上昇しています。
がんの予防としては、食事や睡眠時間の改善、ストレスの軽減など、まず日常生活を見直すことが大切です。
また、早期発見のためには、定期的に人間ドックやがん検診を受け、少しでも数値の異常を指摘されたら、あなどらずに「まず受診」を心がけたいものです。

治療費を知る

女性特有のがん保険

がんはその発生部位によって治療方法や入院期間などが異なり、治療費にも幅があります。厚生労働省の研究班が行った「がん患者の経済的負担に関する調査」によると、病院に支払った年間の自己負担総額は、主要ながんの中では次のようになっています。


  1. 「大腸がん」89.0万円(入院=56.9万、外来=32.1万円)
  2. 「肺がん」 76.9万円(入院=54.1万円、外来22.8万円)
  3. 「乳がん」 59.2万円(入院=34.6万円、外来=24.6万円)
  4. 「胃がん」 49.7万円(入院=36.2万円、外来=13.5万円)


交通費や健康食品などのその他の関連費用を加えると、さらに多くの費用が必要になります。。

保険を知る

女性特有のがん保険は、保障の対象をがんに絞ったものです。 がんにより入院した際や所定の手術を受けた際に給付金が支給される保険です。

がん保険には終身タイプと定期タイプのがん保険があります。

  • 終身タイプのがん保険は、更新による保険料のアップがなく、保障が一生涯続きます。
  • 定期タイプのがん保険は10年ごとに契約が自動更新されます。更新時の保険料は更新時点の年齢の保険料が適用されるので高くなりますが、当初の保険料は終身タイプに比べ低くなります。

なお、がん保険は、医療保険などと異なり、保障が開始されるまでに3ヶ月間(90日間)の待ち期間があるので、注意が必要です。